ビタミンでアルツハイマー予防

ビタミンでアルツハイマー予防

ビタミンのEとCを一緒に 摂取していれば
アルツハイマー病になりにくいことがわかっているそうです

 

そうだとすれば ビタミン剤でEとCをきちんと服用していればアルツハイマー 病には なりにくいのでしょうか?

 

そもそも ビタミンEとCとはどういうものなのでしょうか?

 

ビタミンEは一般的に老化防止に効果があると考えられています
これは 老化の原因と考えられている過酸化脂質が作られるのさまたげる働きがあるからだということです

 

プラズマローゲン,サプリメント

 

ビタミンeが不足してしまうとしみ、血行不良、冷え性、肩こり、頭痛、しもやけなどの症状が出てしまうそうです

 

また ビタミンEは出産妊娠と関係がとても深くて、特に 妊娠期、授乳期にはビタミンEは絶対に不足させてはいけないそうです

 

そしてビタミンEは脂溶性のビタミンですから
とても参加しやすくて熱に弱いので、サプリメントでとる、なおかつビタミンEと一緒に摂取すると
抗酸化作用を高めますから とても効果的に使えるということになります

 

1日に 必要なビタミンEの量は 成人1日あたりは男性で8から9 mg、女性で8mg
そしてビタミンeが多く含まれている食品は
アーモンド アスパラガス かぼちゃ うなぎ アボカド キュウイフルーツ 玄米 さつまいも 春菊などです

 

プラズマローゲンサプリ